洗髪後の髪の乾かし方



洗髪後は自然乾燥を避け、できるだけ早く髪と頭皮を乾かす方が良いと言われています。

それは、髪を濡れたままにしておくと、キューティクルが開いた状態で、髪の水分を減らしたり、髪の内側から傷む原因になるからです。
開いたキューティクルは、他の髪や枕などとの摩擦で剥がれ落ちてしまいます。
すると、水分のない、パサパサの髪の毛になってしまうのです。

また、水分が蒸発する気化熱で、頭皮の温度が下がって血行が悪くなったり、頭皮や髪に雑菌やカビが繁殖しやすくなってしまいます。


洗った後の髪は、まずタオルで乾かしましょう。

ゴシゴシ擦らずに、優しく手もみするように、タオルを髪や頭皮に押し当てながら水分を拭き取ります。
擦るのは、キューティクルが剥がれる原因になります。
濡れた髪の表面のキューティクルは柔らかく、傷つきやすいのです。


タオルで十分水気を拭きとった後は、ドライヤーを使って短時間で乾かします。

ドライヤーで乾かすと、頭皮の血行が良くなって、頭皮が硬くなるのを防ぐことができます。
キューティクルも整って、髪を美しく保ち、ボリューム感を持たせることができます。

とはいえ、熱風は髪や頭皮の負担になります。
髪とドライヤーの間は20センチ以上開けるようにしましょう。
低温ドライヤーを使用することもよいでしょう。


また、同じ個所に2秒以上ドライヤーを当て続けるのは避けましょう。
ドライヤーの高温で髪がヤケドしたり、タンパク質を変性して痛めてしまうからです。

半渇きになったところで、ドライヤーは冷風に切り替えましょう。
キューティクルが冷やされて引き締まり、髪に艶を与えます。
熱で柔らかくなった髪を冷風で冷やすと、髪のタンパク質を固めて固定させることもできます。


ドライヤーを当てる時は、片手で髪を持ち上げながら、根元からしっかり乾かすと、髪の根本が立ってボリュームが出ます。

ドライヤーで乾かしている最中にブラッシングをすることは髪を傷めます。
ブラッシングは髪の毛が乾いてから行いましょう。






同じカテゴリーの最新の記事

  • 薄毛を活かした男性用髪型

    薄毛で悩む方の中には、他の部分の髪を持ってきて、薄い部分を隠そうとする方が多いかもしれません。 しかしそれでは、前方からは隠れても、他の角度から見ると不自然さが目立ってしまう場合があります。 薄毛は隠すのではなく、全体のバランスを整...


  • 髪の毛を太くするには

    髪の質や太さは、遺伝によるものが大きいと言われています。 平均的な日本人の髪の太さは、0.07mm~0.1mm。 個人差がかなりありますが、男性では10代から20代、女性は10代から30代にかけて太くなり、男性は20代後半、...


  • 自然脱毛と異常脱毛

    脱毛には、「自然脱毛」と「異常脱毛」があります。 髪の毛は、「成長期」「退行期」「休止期」「発生期」という一連の周期(ヘアサイクル)を経て、絶えず生え変わっています。 「成長期」に移る前に起きる脱毛は、自然脱毛で、正常なものです。 ...


  • 洗髪後の髪の乾かし方

    洗髪後は自然乾燥を避け、できるだけ早く髪と頭皮を乾かす方が良いと言われています。 それは、髪を濡れたままにしておくと、キューティクルが開いた状態で、髪の水分を減らしたり、髪の内側から傷む原因になるからです。 開いたキューティクルは、...


  • 発毛によい食べ物とよくない食べ物

    発毛と食事には、深いつながりがあります。 健康な髪を作るためには、それに不可欠な食品と栄養素を知っておくことが必要です。 髪の毛を作るもとになるアミノ酸を作っているのは、タンパク質です。 タンパク質は、肉、魚、牛乳、大豆、大豆...


  • 頭は毎日洗わない方がいいという迷信

    髪を毎日洗うのはよくないと言われることがありますが、それは本当でしょうか。 実は、それは正しくありません。 髪の毛についた汚れは、シャンプーなしのお湯だけでも、十分に落とすことができます。 しかし頭皮の汚れは、シャンプーなしでは落...