発毛によい食べ物とよくない食べ物



発毛と食事には、深いつながりがあります。
健康な髪を作るためには、それに不可欠な食品と栄養素を知っておくことが必要です。


髪の毛を作るもとになるアミノ酸を作っているのは、タンパク質です。
タンパク質は、肉、魚、牛乳、大豆、大豆製品などに含まれています。
しかし、動物性のタンパク質ばかり食べていると、血液や血管にダメージを与え、薄毛の原因になってしまいます。


ビタミンAは、毛髪の発育を促して、細胞の分裂を正常化させます。
レバー、人参、ほうれん草、卵などに含まれています。


毛髪を健康にするのが、ビタミンBです。
これが不足すると、抜け毛の原因になります。
ビタミンBは、大豆、乳製品、魚類、鶏肉、卵などに含まれています。


ビタミンEには、血液をサラサラにし、血行を促進する効果があります。
ナッツ、大豆、植物油、ごまなどに含まれています。


また、亜鉛やマグネシウムなどのミネラルも、髪によい成分です。
亜鉛は、細胞の新陳代謝を促す働きをし、牡蠣、牛肉の赤身、いわしなどの魚に含まれてます。
普通の食生活をしていれば不足することはないと言われますが、食品を加工する段階で壊れてしまうので、インスタント製品などの加工食品ばかり食べていると不足してきます。


赤唐辛子に含まれるカプサイシンと、大豆に含まれるイソフラボンを同時に摂取することも良いと言われます。
ただ、唐辛子は刺激物なので、大量に摂ると発毛にはあまりよくありません。
カプサイシン・イソフラボンが摂れるサプリメントも出回っています。


一方、発毛に良くない食べ物には、高血圧や動脈硬化の原因となる、塩辛い物があります。
これは老化を早めて、脱毛を促進してしまいます。

また、刺激物や香辛料は、皮脂腺を活発にするので、頭皮を脂っぽくし、抜け毛の原因になります。

脂分を摂りすぎることも禁物です。
毛穴が詰まって、髪の毛が成長する前に抜け落ちてしまいます。
特に、動物性脂肪は健康にも育毛にも有害です。






同じカテゴリーの最新の記事

  • 薄毛を活かした男性用髪型

    薄毛で悩む方の中には、他の部分の髪を持ってきて、薄い部分を隠そうとする方が多いかもしれません。 しかしそれでは、前方からは隠れても、他の角度から見ると不自然さが目立ってしまう場合があります。 薄毛は隠すのではなく、全体のバランスを整...


  • 髪の毛を太くするには

    髪の質や太さは、遺伝によるものが大きいと言われています。 平均的な日本人の髪の太さは、0.07mm~0.1mm。 個人差がかなりありますが、男性では10代から20代、女性は10代から30代にかけて太くなり、男性は20代後半、...


  • 自然脱毛と異常脱毛

    脱毛には、「自然脱毛」と「異常脱毛」があります。 髪の毛は、「成長期」「退行期」「休止期」「発生期」という一連の周期(ヘアサイクル)を経て、絶えず生え変わっています。 「成長期」に移る前に起きる脱毛は、自然脱毛で、正常なものです。 ...


  • 洗髪後の髪の乾かし方

    洗髪後は自然乾燥を避け、できるだけ早く髪と頭皮を乾かす方が良いと言われています。 それは、髪を濡れたままにしておくと、キューティクルが開いた状態で、髪の水分を減らしたり、髪の内側から傷む原因になるからです。 開いたキューティクルは、...


  • 発毛によい食べ物とよくない食べ物

    発毛と食事には、深いつながりがあります。 健康な髪を作るためには、それに不可欠な食品と栄養素を知っておくことが必要です。 髪の毛を作るもとになるアミノ酸を作っているのは、タンパク質です。 タンパク質は、肉、魚、牛乳、大豆、大豆...


  • 頭は毎日洗わない方がいいという迷信

    髪を毎日洗うのはよくないと言われることがありますが、それは本当でしょうか。 実は、それは正しくありません。 髪の毛についた汚れは、シャンプーなしのお湯だけでも、十分に落とすことができます。 しかし頭皮の汚れは、シャンプーなしでは落...