薄毛を活かした男性用髪型

薄毛で悩む方の中には、他の部分の髪を持ってきて、薄い部分を隠そうとする方が多いかもしれません。
しかしそれでは、前方からは隠れても、他の角度から見ると不自然さが目立ってしまう場合があります。

薄毛は隠すのではなく、全体のバランスを整えることがポイントです。
薄毛の場合、髪は短髪にすることです。
残った髪を伸ばしても、薄い部分との差が際立ってしまうからです。
全体を短くカットすると、清潔感も与えられます。


薄毛に似合う髪型の共通点は「サイドを短く、縦長のシルエットを強調する」ことです。
サイドが短いとトップにボリュームが出て、薄毛が自然にカバーできます。

同じ薄毛でも、薄い部分や全体の髪の量によって似合う髪型は違ってきます。
いくつか例を挙げてみましょう。


  • ソフトモヒカン
  • 後頭部の髪を短くカットして、頭頂部の髪を立てます。
    ある程度長さがあれば、変化も楽しめます。
    美容師さんの技術によって仕上りに差が出るので、上手な美容師さんを見つけましょう。

  • ツーブロック
  • サイドを限りなく短く刈り上げ、頭頂部のボリュームを際立たせます。

  • ツーブロックモヒカン
  • ソフトモヒカンとツーブロックの組み合わせです。
    長めに残したトップは、パーマをかけると動きを出すことができます。

  • 前髪下ろしツーブロック
  • ツーブロックの前髪を下ろした髪型です。
    誠実な印象を与えてビジネスにも合い、眼鏡も似合います。

  • オールバック
  • 髪全体を後ろに流した髪型です。
    直毛にお勧めです。

  • おしゃれ坊主
  • 全体を短く刈り込んだヘアスタイルです。
    髪全体を立てたりしてデザイン性を加えると、高校球児のようには見えません。

  • ショートレイヤー
  • 全体の髪に段差をつけるレイヤーカットで、サイドは耳ギリギリの長さにします。

  • スキンヘッド
  • 顔だちのはっきりしている人に似合います。

  • ネオモヒカン
  • サッカー選手に見られる髪型。
    前髪からつむじに向けてだんだん長くしていきます。

  • トレンチベリーショート
  • 前髪はセンターを立て、横の髪を少し立てる髪型です。

髪型は薄毛の根本的な解決ではありません。
薄毛の治療も同時に行いましょう。




同じカテゴリーの最新の記事

  • 薄毛を活かした男性用髪型

    薄毛で悩む方の中には、他の部分の髪を持ってきて、薄い部分を隠そうとする方が多いかもしれません。 しかしそれでは、前方からは隠れても、他の角度から見ると不自然さが目立ってしまう場合があります。 薄毛は隠すのではなく、全体のバランスを整...


  • 髪の毛を太くするには

    髪の質や太さは、遺伝によるものが大きいと言われています。 平均的な日本人の髪の太さは、0.07mm~0.1mm。 個人差がかなりありますが、男性では10代から20代、女性は10代から30代にかけて太くなり、男性は20代後半、...


  • 自然脱毛と異常脱毛

    脱毛には、「自然脱毛」と「異常脱毛」があります。 髪の毛は、「成長期」「退行期」「休止期」「発生期」という一連の周期(ヘアサイクル)を経て、絶えず生え変わっています。 「成長期」に移る前に起きる脱毛は、自然脱毛で、正常なものです。 ...


  • 洗髪後の髪の乾かし方

    洗髪後は自然乾燥を避け、できるだけ早く髪と頭皮を乾かす方が良いと言われています。 それは、髪を濡れたままにしておくと、キューティクルが開いた状態で、髪の水分を減らしたり、髪の内側から傷む原因になるからです。 開いたキューティクルは、...


  • 発毛によい食べ物とよくない食べ物

    発毛と食事には、深いつながりがあります。 健康な髪を作るためには、それに不可欠な食品と栄養素を知っておくことが必要です。 髪の毛を作るもとになるアミノ酸を作っているのは、タンパク質です。 タンパク質は、肉、魚、牛乳、大豆、大豆...


  • 頭は毎日洗わない方がいいという迷信

    髪を毎日洗うのはよくないと言われることがありますが、それは本当でしょうか。 実は、それは正しくありません。 髪の毛についた汚れは、シャンプーなしのお湯だけでも、十分に落とすことができます。 しかし頭皮の汚れは、シャンプーなしでは落...